塩釜ガスからのご案内

ede Gas

給湯器の交換について

快適な水廻りリフォーム

家事玄人

当HPから宮城ケーブルテレビの資料請求・お問合せが可能です。

宮城ケーブルテレビ光

格安スマホ 月額基本料0円!

定額電話・地震速報対応で快適生活

ケーブルテレビのメリット

料金のご案内

ケーブルテレビ初期費用

ケーブルテレビ月額利用料

※STB取付け以外のテレビは台数に関わらず月額利用料金はかかりません。
※利用料にはNHK・NHKBSの受信料は含まれておりません。
※宅内側にブースター(増幅器)が取り付けられているお客様は、そのブースター(増幅器) の規格により交換が必要な場合がございます。
※集合住宅・ケーブルテレビ対応団地・電波障害対策地域等は、上記の料金と異なる場合がございます。

おトクなセット割プラン

ケーブルテレビ加入方法

ケーブルテレビ加入方法

工事のご案内

戸建住宅直接配線工事

戸建住宅共聴配線工事

集合住宅共聴工事(ケーブルテレビ・インターネット)

安心の定額制

料金のご案内

※工事のお見積もりは無料で承ります。
※ケーブルテレビ加入者は引込工事は不要です。
※標準工事外の工事は別途、御見積が必要となります。
※アパートマンションなどの共同住宅にお住まいの方は、管理者の許可が必要になります。
※サービス中止により解約する場合は引込線撤去費10,000円(税抜)が御請求となります。尚、中止後、引き続きテレビ視聴サービスを御利用いただく場合は引込線撤去費の御請求はございません。

月額接続利用料

※ケーブルモデム使用料、ホームページ5MBと電子メール5MBのサーバ使用料とメールアカウント1つの使用料が含まれます。
※ケーブルインターネット専用モデムとパソコンの接続、設定はお客様にお願いしております。設定をご依頼いただいた場合は別途有料となります。
※上記、工事費、月額接続利用料は税抜きの料金です。

インターネット速度アップ!デジタルサービスと同時加入で割引も!

お客様にご用意いただきたいもの

1.パソコン

Windows Vista/7/8/8.1またはMchintosh Mac OS X以降の動作するもの

2.LANボードまたはLANカード 10Base-T対応のLAN(Ethernet)ボード

※LAN機能搭載モデムのパソコンをお持ちの方は不要です。
※LANケーブルはモデムに付属します。

3.インターネット接続用ソフト WWWソフト.メールソフト等

※電子メールの設定

インターネット加入方法

ケーブルテレビ加入方法

工事のご案内

戸建住宅直接配線工事

戸建住宅共聴配線工事

集合住宅共聴工事(ケーブルテレビ・インターネット)

ケーブルプラス電話のポイント

月額基本料がおトク!

*1 住宅用3級取扱い局のプッシュ回線用料金。NTT東日本・NTT西日本の@ビリング、Myビリングの場合、110円/月が減額されます(お客様のご利用の回線種別・取扱局によっては対象外となります)。*2 別途ユニバーサルサービス料として、1契約番号あたり月額2円を請求させていただきます。※ケーブルプラス電話にご加入の際は、別途工事費がかかる場合があります。

通話料がおトク!

*1 NTT 加入電話をご利用で、KDDIでマイラインをご登録の場合です。*2 「だんぜんトーク? DX」+「だんぜん年割」の最大割引率(50%)適用時の料金です。*3 県内・県外の区分は郵政省令第24号(平成11年7月1日施行)によって定められた都道府県の区域に従っており、行政区分上とは異なる場合があります。*4 一般加入電話(発信側)および携帯電話(着信側)がともに各携帯電話会社の定める営業区域内にある場合の料金です。*5 相手先の携帯電話番号の前に、「0077」を付けてダイヤルした場合の料金です。*6 イー・モバイルのLTE電話プランの場合。*7 イー・モバイルの4G-Sプランの場合。

乗り換えもカンタン!

電話番号や電話などはそのままでOK!ケーブルテレビとご請求を1本化できるうえ、NTTへの切り替え手続きはKDDIが無料で代行いたします。

一部の電話番号では継続利用できないことがあります。この場合はKDDIより新しい電話番号を提供いたします。また、ISDN専用電話機など一部ご利用いただけない電話機もあります。NTT加入電話、INSネット64を休止してご利用の場合、NTT休止工事費2,000円がNTTよりお客様に請求されます。

日本全国24時間通話無料!※1

電話番号やケーブルプラス電話同士なら日本全国の固定電話※1480万世帯※2以上に24時間通話無料ができます。

※1 無料通話は別途、月額基本料がかかります。
※2 ケーブルプラス電話、J:COM PHONE及びJ:COM PHONEプラスの場合。
※3 2013年10月1日現在。J:COM PHONE及びJ:COM PHONEプラスの合計回線数。

毎日を快適にするオプションサービスがいっぱい!

割込番号表示(月額100円)や発信番号表示(月額400円)などの有料サービスを始め、 番号通知設定などの各種無料オプションサービスも充実しております。

緊急地震速報とは?

伝搬速度が異なるP波とS波の伝搬速度差を利用して、震源に近い地点のP波の観測に基づき、後から来るS波の伝播を時系列的に予測し、震源からある程度以上(P波とS波の時間差が充分に開くほど)離れた地点に対しては、その到達前に予測を発表することができます。
緊急地震速報を利用して、工場、オフィス、家庭などで避難行動をとることによって被害を軽減させたりすることが期待されます。
※緊急地震速報は、地震発生後の地震波を捉えてから発表するものであることから、地震の発生を予知しているわけではありません。

緊急地震速報の仕組み

緊急地震速報は、地震の発生直後に震源に近い地震計で捉えられた地震波の観測データを集約し解析して、震源の位置や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、可能な限り早く知らせる情報です。
地震が発生すると、主にP波・S波と呼ばれる2つの地震波が同時に発生します。
P波は毎秒7km程度と伝わる速度が早く、小さな揺れ(初期微動と呼ばれます)を起こす縦波の地震波です。
S波は毎秒3〜4km程度と比較的伝わる速度が遅く、P波に続いて到達する横波の地震波です。この波は大きな揺れ(主要動と呼ばれます)を起こし、我々が「地震」と感じるものは、大半はこの「主要動」によるものです。
緊急地震速報は、このP波とS波との到達時間の差を利用します。地震計で捉えたP波の情報を集約・解析し、気象庁より震源の情報として発信される緊急地震速報を利用し、「あと何秒で揺れが到達するか?」「どのぐらいの揺れの大きさか?」といった各地での主要動の到達時刻や予測震度を算出し、S波が到達する数秒〜数十秒に結果を利用者へ伝えます。

緊急地震速報システムを利用するには

地震が発生する10数秒〜数秒前に、緊急地震速報システムの専用端末から、予測震度と到達時刻を音声でお知らせするサービスです。気象庁が配信する地震情報をもとに、震度と到達時間を算出し、信頼性の高い地震情報をお届けします。
●戸建て、集合住宅、事務所等どこでもご利用できます。
●テレビの電源が入っていなくても、受信端末から音声が発報されます。
●子機を使えば、各部屋でご利用できます。

※緊急地震速報サービスのみ新規ご契約(未加入の方)の場合、別途、標準引込工事料17,000円(税抜)及び標準宅内工事料18,000円(税抜)がかかります。

お問い合わせ・お申込みはこちら

ページトップ